今時はね、英語くらい話せなくっちゃいけないよ。

小学生の子供を学童保育に預けています。
夕方、学童保育に子供を迎えに行くと、低学年から子供と同じ中学年くらいの子供たちがお揃いのレッスンバッグを持って廊下に並んでいました。
白地にカラフルな英語が書かれたバッグに、やはりみなお揃いの水色のファイルが入っています。
その集団の中に、知っている男の子の姿を見つけたので、私は声をかけました。
「みんなでどこに行くの?」
「英語してるの」
「近いの?」
「うん、○○保育園でやるんだよ」
だそうで。

保育園の教室をつかって英会話教室をやっているのですかね。
私は、ちょっと焦りました。
英語、みんなもう始めているんだ。
私は子供に英語なんてやらせてあげていない。
今時は、英語が話せてあたりまえなんだわ、そんな社会が来てるんだわ。
妙にそわそわした気分になりました。

それから毎日、私はNHKの英語番組を子供にみせることにしました。
そりゃもう、毎日みせました。
ユーチューブで子供向けの英語の動画もいろいろみせて、けっこう楽しく二人で英語を使ってみたりして過ごしています。
私自身も楽しいです。

そんなある日、子供が朝食の時に私に話しかけました。

「ねえ、お母さん。昨日さテレビで、エロリックがさ、ポップコーン食べられたじゃん?こっそり」
「何?エロリック?」
「うん、エロリック。お母さん見てなかったの?○○とお姉さんが手をこうしてしてたのが面白かったよね」
「ごめん。エロリックが気になって話が入ってこない」
「なんで?エロリック、いつもと同じだったよ」

子供はエリックのことをずっとエロリックだと思って聞いていたのでした。
エリックって ”リ”のところで巻き舌になりますもんね。

悪気なんてみじんもなくて、本当にまっすぐな瞳でエロリックってそう呼んでいました。

「エリックって言ってあげてね」

私が優しくいうと、

「え、エロリックじゃないの?」

「うん。エロリックだとちょっと違うくなるからさ。エリックって呼んであげようよ」

子供、わかってくれたみたいでした。
これからも英会話、頑張ります。
クレンジング酵素0は効果あるの?